簡単!ちんすこうの作り方

3人子育て中のchipです(^o^)

image

今日は、いつもお世話になってる人たちに、ちんすこうを焼いてみました!
沖縄のお土産でたまにもらうけど、好きなの~だから前に作ってみたら簡単でおいしくて(^o^)
それからハマって色んな味作ってま~す!
今日は、塩味。やっぱりおいしい( ´∀`)

☆ちんすこうの作り方☆
材料
薄力粉  210g
砂糖    90g
オリーブ油(サラダ油でもok ) 90g

作り方
①油と砂糖を混ぜる(味付けはここで 塩味なら塩ふたつまみ)
②①に薄力粉を入れてさっくり混ぜる
③形を作る
④170度に余熱したオーブンで15分焼く

焼きたては、崩れやすいけど冷めれば大丈夫です(^o^)

超簡単でしょ♪

ソレイユの丘で一歳児初めての餌やり体験

こんばんは、KINOKOです(^_^)

先日海の日、なんとなく暇だったので実家の両親にそれとなく一歳児とお出かけなんてしたくないです?と誘い、ソレイユの丘に連れて行ってもらいました。

ソレイユの丘とは神奈川県横須賀市にある入場無料の施設で、動物とのふれあいやアスレチック、ステージイベント、水遊びにバーベキュー、だだっ広い原っぱなどがある子ども連れに人気のおでかけスポットです。

ホームページはこちら

仕事も若干たまっていたので、初めて祖父母に連れ出してもらって私は留守番で作業を…なんて思いつつも、結局私も遊びたくてついて行ってしまいました(^_^;Aでもとっても楽しかった〜っ

ちょっと長くなるかもしれませんが、今回はソレイユの丘×1歳児、遊びレポートですっ

ソレイユバーガーと水遊び

 

ついて早々腹ごしらえ。

 

売店ではハンバーガー、カレー、焼きそばにアメリカンドッグ…といった観光地特有のメニューが並んでいるのですが、その中のご当地ものがとても美味しいです。

前回は三崎のマグロを使った黒カレーをいただいたので、今回は地元野菜を使ったソレイユバーガーをいただきました。

ソレイユバーガー

黒カレーもすっごく好きなんですけど、このハンバーガーもバンズがほわほわでお肉も野菜もおいしくてハマりそうです(^_^)

お値段350円〜セットもあります♪

 

Capt’も一緒に外のテーブル席で腹ごしらえをし、もう少しで食べきるところでだんだんとそわそわ。
遊びたくてたまらない、そんな様子です。

Capt’はソレイユの丘は三回目ですが、来るたびに成長し、自分の力で好きなところへ行けるようになってからは初めて。

地面に降ろすとあっという間に自由奔放に歩き回り、とにかくテンションが高い。

売店とテーブル席のほど近くに、足をバシャバシャと浸からせることのできる水場があります。

歩き回った末に大きな水の溜まった場所を発見し、じっと見つめるCapt’。そしてすかさず、ばっと後ろ向きになり足を降ろそうとしました。流石に濡れるし、止めたのですが、その隣でもう少し大きな子が楽しそうに足だけつかって遊んでいて、ここでCapt’だけに駄目、というのはなんだか可哀想で、ズボンをまくり、サンダルを脱がし、足だけ浸かってみよっか!私が掲げてそっと降ろしてあげました。

するり、と腕から抜けて水の中に着地、着地したあとしゃがみ、ばしゃばしゃ水を掻き揚げ…

mizuasobi

『いえ〜〜〜イ』

と私が言いました。

 

彼もきゃっきゃと声をあげて楽しんでいました。

お着替えあるからもう好きにして〜〜〜〜〜

本当は別の場所にじゃぶじゃぶ池という場所があるのですが、そちらはおむつ着用の人はNGなので、本当はここもこんな遊び方しては駄目だったかも;ごめんなさいです;;

 

水上ステージで子どもと一緒にライヴ満喫

その後まるっきりお着替えをさせてから移動。水上ステージから何やら挨拶が聞こえてきます。
立ち止まってみると、ステージの上には3つのドラムセット、3人のドラマーさん。

子どもが生まれてから趣味だったライヴ鑑賞も殆ど行けていないので、なるほど、こういった場所なら子どもと一緒に音楽を楽しめるかも!と、覗いていくことにしました。

単純にこのドラムだけの取り合わせにも興味があり。
3drums

 

とっても楽しめました!!!3ドラムかこいいーー!!!

Capt’もノリノリで、初めての生ドラムの音にびっくりしつつもちゃんと聴いてくれてたかな?

そして次のグループが子どもが出演するアフリカンドラム&ダンスだそうで。かなり小さな子も準備に入っていたのでそれも見て行くことに。Capt’の様子も伺いながらでしたが、会場が比較的広々としているので、ベビーカーから降ろして好きにあんよして遊ばせていることが出来て、ご機嫌損ねることもなく、次の演奏が始まるまで待つ事ができました。

子ども達の衣装が可愛いな〜とか、太鼓が本格的だな〜とか準備している姿から楽しませてもらっていたのですが、

african.drum

演奏がいざ始まって、正直度肝抜かれました…

太鼓に合わせて、アフリカンなメロディをリーダーぽい女性が高らかに唄い上げ、子ども達がそれに続いて応えるように唄う。

民族的なメロディってなんであんなに細胞をざわつかせるのだろう…!

ダンスも躍動的で、子どもの叩く太鼓もほんとに素晴らしく、大人も子どもも無く全員が楽しそうにリズムを刻んでいる姿に会場も夢中になっていました。

Capt’も最初は椅子に座っていたのですが、お得意のすりぬけを使って最前列まで行って釘付けで見てました。

アフリカンダンス

一曲が20分、というメドレーもあったのですが、あっという間。まだ1歳1ヶ月のCapt’も最後まで楽しく見る事が出来ました。しかし君、身長が低いからみんな多めに見てくれたんだからね〜戻しても戻してもこの位置まで駆けて行くCapt’でした。

 

一歳の餌やり体験

おじいちゃんが、いつもしきりに子どもは動物園に連れて行け!と言うのですが(免疫をつけるためだそう)この日ソレイユの丘に来た一番の目的もやはり動物とのふれあいです。

Capt’は家では猫や犬に相当絡まれても全然へいちゃらな動物好きなので、やぎやひつじの姿を見て、みるみるお顔がほころんでいきます。

わかりやすいな〜(^ω^)と思いながら、柵によじ上って動物を見ているCapt’。そういえば最近「どうぞ」ブームがきているし、もしかしたら自分で餌をあげたいかな?と思い、100円の餌を買ってまず大人がやぎとひつじのがっつき具合をチェック。このくらいなら、大丈夫そう、と思い、Capt’の手にも餌を渡してあげました。

すぐにどうぞ、と動物に餌をあげるCapt’氏。

餌やり1

自分の手から動物がぺろっと餌を食べることにとても喜んで、それはそれは良い笑顔となって夢中で餌をあげました。

餌やり2

 

ただ、やぎが思ったより柵を飛び越えてきて、角がちょっと危なかったので、ベビーカーにくくりつけたままでやらせました(^_^;A

ひつじさんにもあげたかったんだけど、殆どやぎにとられちゃったなぁ。

 

トレインやアスレチックと目移りし続ける一歳児

ソレイユの丘ではソレイユ号というトレインが走っているのですが、定期的にシュシュポポと音が聞こえてきて、それを聞きつけた子ども達が一斉にわーと注目する、そんな場面もよくありました(^_^)

 

Capt’も例にもれず乗り物好きで、何回すれ違ってもその度に興奮する有様で、お昼寝する時間も忘れて眠くなったかと思えばあれで遊ぶーこれで遊ぶーと覚醒し続け、私も驚くほどの体力でこの日を遊びきりました。

 

乗り物だいすき

↑自分でよじ上ってご満悦。これも降ろしても降ろしても上りに行ってエンドレス。

 

 

アスレチック

↑比較的小さい子向けの小さめなアスレチック。滑り台を滑ったり、他の子と一緒になって遊べました。

 

そうそう、ソレイユの丘といえば、アルパカ!なぜか私の父がアルパカと仲良くなった、などと言ってしばらく愛でていたけれど、この潤んだ瞳…不思議な生き物だな〜

ちなみにこの子は今年生まれたベビーです♡ベビーなのにこの表情…

アルパカベビー

 

 

いやはや、子どもと一緒だとお出かけって底抜けに楽しくなりますね!

お互いかな〜り疲れたけれど、楽しい一日となりました<(_ _)>